金型製作~量産までの流れ

  • 素材図受取
  • 仕様・レイアウト打ち合わせ
  • 金型構想設計

素材形状懸念事項(抜勾配・ネライ寸法等)
金型構造(レイアウト・ミキリ・特殊構造等)問題点抽出と代替案の提案

  • 金型詳細設計
  • DR会議
  • 3Dモデリング
  • 加工プログラム作成

加工プログラム作成
金型製作上の問題点を抽出し、社内工程をスムーズにする(短納期対応)

  • 焼入前加工
  • 焼入
  • 焼入後加工
  • 最終審査
  • 組付・調整

製造上の問題点の早期発見により自工程完結(全数検査)

  • TRY品鋳造
  • 金型修正
  • 量産化

製品・鋳造の問題を、長年培ってきた経験ノウハウを元に、
早期量産化にむけた提案・協力体制データ化による更新型一発立上げ

熟練の技術

設計

「エンジン部品の金型設計ができれば、どんな金型でもOK」と言われるほど、エンジン部品の金型設計は精密です。性能、素材、強度など、あらゆる要素で「最高」を求められます。また最近では、部品点数低減の為金型は複雑な構造になっています。もちろん最新のCAD/CAMで設計を進めますが、「命を乗せる金型」である以上、設計技術者の経験とセンスが最も重要な要素となります。

生産技術

金型製作の生産技術スタッフには、営業的要素が必要です。お客様と一緒に図面を元に立体形状(3Dモデル)を作り上げていくからです。また、様々な分野の知識を習得していく探究心も必要です。たとえばモーターボートの仕事。ユーザーのニーズに合わせて木3Dモデルを作成することから始めるのですから、ひと通りのボートに関する知識が必要です。その中で愛豊精機ならではの技術を追求していきます。

NCオペレーター

複雑な金型をNC加工で作り上げます。一人のスタッフが複数の加工機を同時に操作し製作していきますが、ここにも高品質の物づくりに取り組む技術が活かされています。

  • 製品紹介
  • 生産体制
  • 航空事業
  • 工場・設備
  • 会社案内
  • お問い合わせ